4年落ちの中古自動車を購入して節税を行う

会社のお金で中古の自動車を購入することは、節税上非常に有効と言われています。

「節税には4年落ちのベンツがよい」という話はよく聞きますよね。

実際、中古自動車の購入は有効な節税策ですが、それでもやり方を間違ってしまうとかえって損失となってしまう可能性もあります。

4年落ちの中古車が節税に良い理由

会社の経費で購入した自動車は、購入代金を損金に算入することができます。つまり、法人税の節税につながります。

ただし、購入代金を一度に損金にできるわけではなく、法定耐用年数に従って毎年決まった額を減価償却していきます。

新車の普通車では耐用年数は6年と定められているため、購入代金の全額を減価償却するためには6年かかることになります。

一方、3年10カ月落ち以上の中古車であれば、1年で全額を損金に算入することができます。そのため、節税効果は非常に大きいものとなります。

「4年落ちの中古ベンツが良い」と一般に言われているのは、こういう理由からです。

ただし、購入した月に全額を損金にできるわけではない点には注意が必要です。中古車の減価償却は、1カ月ごとに分けて行います。

つまり、会計年度の最後の月に中古車を購入してしまうと、1カ月分しか損金に算入できないことになります。

もちろん、残りの11カ月分は来期に損金にできますが、当月に大きな損金をつくりたいときには意味がなくなってしまいます。

中古車の購入代金によって節税を行いたいのであれば、決算月の初月に中古車を購入する必要があります。この点はよく誤解されていますので、注意してください。

中古車を節税に使うことのメリット

まず、自動車を業務で使う場合には、自動車は本来必要なものとなります。業務に必要なものを購入した上で、効果的に節税ができますので、節税のためだけにわざわざお金を支出する節税策よりも有利と言えます。

また、中古自動車は安いものから高いものまで、価格の幅が大きいというメリットもあります。資金や節税したい額によって価格の異なる自動車を選ぶことができます。

最後に、中古自動車を業務で何年か使用した後、経営者が安く買い取れるという点も利点です。これは節税も兼ねた会社から経営者個人への資産移転とも言えます。

中古車の購入時に、自分の気に入った車を選んでおけば、後で会社から安く買い取って個人利用することができます。家族経営の中小企業などでは、非常に効果が高い節税方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です