社員旅行の経費を福利厚生費として損金にする

社員旅行を行っている会社はまだまだ多いと思います。

社員旅行の経費は会社にとっては経費として損金にできますが、一定の条件を満たすかどうかで、福利厚生費となるか給料になるか異なります。

給料扱いとなった場合、会社にとって損金とできる点では同じですが、旅行に参加した役員・従業員の税負担が増えるため、せっかくの社員旅行を行ってもあまり喜ばれないかもしれません。

また、家族経営の会社などでは、経営者やその家族の税負担が増えるため、実質的に家族の手元に残るお金は少なくなってしまいます。

社員旅行を行う場合は、可能な限り旅費を福利厚生費として経費にできるように努めることをオススメします。

“社員旅行の経費を福利厚生費として損金にする” の続きを読む