安定して利益が上がっている企業では配偶者を役員にした方が節税できる

経営が軌道に乗り、安定して利益を上げられるようになった企業では、法人税の節税が問題となってきます。

配偶者のいる経営者であれば、配偶者を役員にしてしまえば、さまざまな節税メリットを享受することができます。

“安定して利益が上がっている企業では配偶者を役員にした方が節税できる” の続きを読む