個人事業主が法人化するときにデメリットとなり得る点

個人事業主が法人成りした場合、さまざまな節税策が使えるようになるため、節税の幅が広がります。また、社会的な信用も高まるので、一般的には法人化のメリットは大きいと言えるでしょう。

ただし、十分な利益が出ていなかったり、しばらくは赤字が見込まれる状態で法人化してしまうと、却ってデメリットの方が多い場合もあります。

“個人事業主が法人化するときにデメリットとなり得る点” の続きを読む