繁忙期を会計年度の最初にもってきた方が良い理由

個人事業主では会計年度は1月1日から12月31日までの1年間に定められていますが、法人では1年を超えない期間であれば会計年度を自由に設定することができます。

大手企業などでは公的機関に合わせて3月を決算月にしたり、9月を決算月にすることが多いようです。

実は、会計年度の最初に繁忙期を持ってくるようにすれば、非常に大きな節税メリットが得られます。

“繁忙期を会計年度の最初にもってきた方が良い理由” の続きを読む