未払い金・未払い費用を損金に算入して法人税を節税する

損金にできるのは、原則として決算日までに支払った経費です。しかし、一定の条件を満たしていれば、まだ実際に支払いを行っていない経費であっても、未払い金・未払い費用として損金に算入することができます。

“未払い金・未払い費用を損金に算入して法人税を節税する” の続きを読む