売上割戻しを損金とすることで法人税を節税する

売上割戻しとは、商品を大量に購入した顧客や、支払いをすぐに行った顧客に対して、購入金額に対して一定額を支払うことです。

カタカナではリベートと言います。

この売上割戻しは損金に算入することができるため、上手に活用すれば法人税を節税することができます。もちろん、損金算入のためには一定の条件を満たす必要があります。

“売上割戻しを損金とすることで法人税を節税する” の続きを読む