会社設立の費用である創立費を計上して法人税を節税しよう

当然ですが、会社を設立するためには一定の費用が必要となります。会社の登記代、定款認証代、新しい事務所の賃借料などです。

法人税の節税というと、実際に営業が始まってから発生した経費しか損金にできないと思われる方もいるかもしれませんが、実は会社の設立前から発生した費用も損金にすることができます。

そのような費用には何種類かありますが、今回は会社を設立するために直接必要となる費用である「創立費」について解説します。

“会社設立の費用である創立費を計上して法人税を節税しよう” の続きを読む