分掌変更によって役員に退職金を支給し、法人税を節税する

節税において、退職金は扱いがかなり優遇されています。

会社にとっては支給した退職金の全額を損金とすることができます。

一方、退職金を受け取る個人にとっても、退職金は他の所得とは分離して課税されるため、所得税等の負担が少なくなります。また、退職金に対する課税比率も通常の所得より低くなっています。

“分掌変更によって役員に退職金を支給し、法人税を節税する” の続きを読む