逆に損してしまう不動産投資のリスク!

不動産投資を上手に行えば、家賃収入によって利益を生み出せる上に、管理費や減価償却によって損金をつくり、法人税を節税することもできます。

資金力があったり、銀行からの信用が大きくたくさんのお金を借り入れられる企業にとっては、不動産投資は非常に魅力的な節税策となります。

一方、不動産投資ではやはり高額なお金を投入することになるため、場合によっては損失の方が大きくなってしまう可能性もあります。今回は、不動産投資にともなうリスクについて説明します。

不動産投資にともなうリスク

まず、不動産投資のリスクとして挙げられるのは空室リスクです。

人気のないエリアに所在する不動産であれば、普通に空室が多く発生してしまう可能性があります。また、中古で購入した不動産であれば、あまりにも設備の老朽化が著しいと、やはり敬遠されてしまいます。

家賃収入が少なければ、管理費・維持費や税金、ローンの金利などの方が大きくなり、赤字になってしまう可能性があります。

ポイントとしては、多少購入価格が高くなっても、人気のエリアや設備の新しい不動産を購入することです。

次に、不動産を売却する際に、満足いく価格で売れなかったり、希望するタイミングで売れないリスクがあります。

不動産は大きな買い物となりますので、希望のタイミング・価格で売ることが難しい場合もあります。すぐに現金化が必要になった場合には、不本意な価格で売らなければいけないことになりますので注意してください。

次に、災害のリスクが挙げられます。

特に日本は地震や火山、台風などの自然災害が多いため、購入予定の不動産の立地が自然災害が発生したときに被害を受けやすいかどうかは、しっかりと調査するようにしましょう。

火災保険に地震保険を付与することもできますが、被害額が大きい場合には全額カバーしてもらえない場合もあります。最悪のケースでは、不動産を失って借金だけが残ることもありますので、自然災害のリスクはしっかりと精査しましょう。

最後に、ローンで不動産を購入すると、当然ですが他の融資を受けにくくなるというリスクがあります。

本業で融資が必要になった場合や、居住用の不動産を購入したい場合に、思うような条件で融資が受けられないことがありますので、借入額には注意するようにしましょう。

不動産投資は上手に行えば非常に有効な節税策となりますが、以上のようなリスクがあることは念頭に置いておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です