売れ残り在庫(デッドストック)を廃棄処分して損金をつくる

売れずに残っている在庫は、そのままでは棚卸資産として計上しなければいけません。

しかし、評価損を計上する、廃棄処分する、あるいは割引販売するなどの方法によって損金をつくることができます。

今回は廃棄処分する方法について説明します。

“売れ残り在庫(デッドストック)を廃棄処分して損金をつくる” の続きを読む

交際費を損金に算入して法人税の節税を行う【中小企業の節税】

得意先の接待など、企業経営を行っていればさまざまな交際が生じます。その時に発生する経費は交際費と言われますが、一定の条件を満たせば損金に算入することができます。

ただし、交際費は租税逃れのために利用されやすいため、損金算入の条件は厳しくなっています。しかし、可能な限り損金として処理することができれば、法人税の節税につながります。

“交際費を損金に算入して法人税の節税を行う【中小企業の節税】” の続きを読む

売上割戻しを損金とすることで法人税を節税する

売上割戻しとは、商品を大量に購入した顧客や、支払いをすぐに行った顧客に対して、購入金額に対して一定額を支払うことです。

カタカナではリベートと言います。

この売上割戻しは損金に算入することができるため、上手に活用すれば法人税を節税することができます。もちろん、損金算入のためには一定の条件を満たす必要があります。

“売上割戻しを損金とすることで法人税を節税する” の続きを読む

分掌変更によって役員に退職金を支給し、法人税を節税する

節税において、退職金は扱いがかなり優遇されています。

会社にとっては支給した退職金の全額を損金とすることができます。

一方、退職金を受け取る個人にとっても、退職金は他の所得とは分離して課税されるため、所得税等の負担が少なくなります。また、退職金に対する課税比率も通常の所得より低くなっています。

“分掌変更によって役員に退職金を支給し、法人税を節税する” の続きを読む

決算賞与を支給して損金を作る

決算賞与とは、決算前の業績を見て、予想以上に大きな利益が出ていた場合に従業員に支給する賞与のことです。

決算賞与は一定の条件さえ満たせば全額を損金とすることができるため、決算前に利益が出過ぎていたときなどに節税手段として使えます。

“決算賞与を支給して損金を作る” の続きを読む

みなし役員とは何?みなし役員になってしまうと節税メリットが少なくなってしまう

「みなし役員」とは、会社法上では役員ではないが、法人税法によって実質的に役員と見なされた社員のことです。

会社法では原則として役員として登記された方だけが役員と見なされます。

一方、法人税法では、会社法で役員となっていない社員でも、一定の条件を満たすことで「みなし役員」と認定されてしまう場合があります。

みなし役員になると、給与や賞与の損金算入の条件が役員と同じになってしまい、法人税を節税する上でデメリットとなってしまいます。

“みなし役員とは何?みなし役員になってしまうと節税メリットが少なくなってしまう” の続きを読む

家族を役員にする場合は「使用人兼務役員」とすると節税効果が高い

役員に対して支払った給与や賞与を損金に算入するためには、一定の規則を守る必要があります。

特に役員への賞与については、事前に税務署に支払い時期、対象者、支払い額を届け出た上に、届け出後は支払い内容を変更できないなど、かなり厳しい規定があります。

そのため、家族を会社役員にして節税をしようと思っても、場合によっては思ったような効果を得られないことも。

しかし、家族を「使用人兼務役員」とすれば、単純に役員とするよりも柔軟な節税対策を行えることになります。

“家族を役員にする場合は「使用人兼務役員」とすると節税効果が高い” の続きを読む