交際費を損金に算入して法人税の節税を行う【中小企業の節税】

得意先の接待など、企業経営を行っていればさまざまな交際が生じます。その時に発生する経費は交際費と言われますが、一定の条件を満たせば損金に算入することができます。

ただし、交際費は租税逃れのために利用されやすいため、損金算入の条件は厳しくなっています。しかし、可能な限り損金として処理することができれば、法人税の節税につながります。

“交際費を損金に算入して法人税の節税を行う【中小企業の節税】” の続きを読む

法人税を節税するための基本知識

法人税を節税するためのテクニックは無数にあります。多くの経営者が実践している定番の節税テクニックも数多くありますが、一方で実質的に節税効果のない「節税もどき」のテクニックもあるため、採用するときには注意が必要です。

「節税もどき」のテクニックに騙されないためには、まずは節税の基本的な性質について知ることが大切です。

節税の基本的な性質とは、①そのためにキャッシュが必要かどうか、②すぐに実施できるのか長期的な運用が必要なのか、そして③節税効果は永続的か一時的かの3点です。

この3つの性質をしっかり理解しておくだけでも、これから採用しようとしている節税テクニックが果たして有効なのかどうか、それなりに判断することができます。

“法人税を節税するための基本知識” の続きを読む