個人契約の住居を会社名義に変更することの節税メリット

会社名義で経営者の住む賃貸物件を契約すれば、家賃の5割から8割を経費として計上することができます。

その分、会社は損金をつくることができるので、法人税の節税を行うことができます。

また、経営者の役員報酬から会社が負担する家賃分を減らせば、経営者の役員報酬を引き下げ、所得税や市民税の負担を減らすことができます。

住居の家賃は生活を営む上で必ず発生するものですので、社宅とすることで会社と経営者双方の節税を行うことができれば、非常に有利です。節税のためにあまり必要ではない支出を行うのとは異なるからです。

ところで、家賃の5割から8割を経費にするためには社宅であること、つまり「会社名義で契約」していることが大前提となります。

個人事業主の場合も家賃の一部を経費とすることはできますが、一般的には社宅と比べて経費にできる割合が少なくなります。そのため、個人名義で契約した賃貸物件は、法人契約に切り替えると良いでしょう。

“個人契約の住居を会社名義に変更することの節税メリット” の続きを読む

社宅を借り上げて法人税を節税する

会社の経費で社宅を借り上げ、役員や社員に提供すればその分の経費を損金にすることができます。

しかし、会社が家賃を全額負担してしまうと、家賃が社宅に住む役員や社員の給料と見なされてしまい、節税メリットが少なくなってしまいます。

そのため、家賃のうち「一定額」を社員から徴収する必要があります。

“社宅を借り上げて法人税を節税する” の続きを読む