確定申告を遅れると無申告加算税が科せられる

確定申告には申告時期があります。法人の確定申告の期限は決算日から2カ月以内となっています。

この時期を過ぎてしまうと、無申告加算税という懲罰的な税金が追加で科せられてしまいます。

さらに、2期連続で確定申告を遅れてしまうと、青色申告の取り消しという会社にとっては非常に重たいペナルティーが科せられます。

確定申告を遅れると大きなペナルティーが!

2期連続で確定申告を期限内に行えなかった場合、青色申告が取り消されてしまいます。

2期の内の後の年度の青色申告が取り消され、さらに次の2年間は青色申告が利用できなくなるため、3年間青色申告が使えないことになります。

青色申告は赤字のときの税還付など税務上さまざまなメリットがあるため、使えなくなることは会社にとって大きな痛手となります。

また、決算の結果が黒字の場合、確定申告が遅れたときには無申告加算税がかかります。

遅れたとしても会社が自発的に申告した場合は5%ですが、税務調査など税務署の指摘で申告をすることになった場合は15%もの大きな税率になります。

つまり、2期連続で確定申告が遅れることになり、なおかつ大きな利益が出ている場合には、確定申告が遅れることは非常に大きなデメリットになります。

確定申告が遅れても問題ない場合

可能な限り確定申告は期限通りに行うべきですが、どうしても間に合わないという場合もあるでしょう。

実は、場合によっては確定申告が遅れても問題ないケースもあります。

まず、大前提として2期連続で申告が遅れていないことです。前年度は期限内に確定申告できていることが第一条件になります。

これは、2期連続で確定申告が遅れると青色申告が取り消され、合計で3年間使えなくなってしまうからです。

逆に言えば、前年度は期限以内に申告を行っていれば、当年度は遅れても大きなデメリットはありません。

また、会社の決算の結果が赤字であれば、確定申告が遅れたときに科せられる無申告加算税も発生しません。また、黒字であってもその額が少なければ、無申告加算税の負担もそれほど大きくはなりません。

まとめると、2期連続の遅れとならない、決算が赤字か少しの黒字であれば、確定申告が遅れても実質的なデメリットはありません。

ただし、確定申告が遅れてしまうと、当然次の年度は必ず期限内に申告しなければいけないので、可能な限り期限内に申告できるように努めましょう。