減価償却の定額法と定率法の違いは?【法人税の節税】

減価償却には定額法と定率法という二種類の償却方法があります。

一部の減価償却資産では定額法しか利用できませんが、多くの場合はどちらかの償却方法を選択することができます。

定額法と定率法にはいずれも一長一短があるため、会社の損益状況によって使い分けることが大切です。

“減価償却の定額法と定率法の違いは?【法人税の節税】” の続きを読む

少額減価償却費の特例によって損金をつくる

会社のオフィスで使用するPCやデスクといった備品はもちろん経費となりますが、その多くは資産扱いとなって減価償却の対象となります。

つまり、法定耐用年数に従って、購入代金などの費用を毎年一定額ずつ経費として計上するため、購入した年度に一括で損金に算入することはできません。

しかし、中小企業では一定の条件を満たせば、「少額減価償却費の特例」を利用することで、購入代金を一括で損金にすることができます。

“少額減価償却費の特例によって損金をつくる” の続きを読む