消費税の免税事業者になる条件

消費税は販売されたモノやサービスの購入者が負担する税金です。モノやサービスの提供者となった法人は購入者から消費税分も含めたお金を受け取りますが、法人から見れば消費税分のお金は一時的に預かっているものとなります。

つまり、法人にとっては消費税分のお金は利益でも損失でもありません。しかし、法人は購入者から預かった消費税を購入者の代わりに納税しなければいけません。

そして、消費税の納税が時には会社のキャッシュフローを悪化させる要因となってしまうこともあります。一方、条件を満たした場合には免税事業者となることができるため、消費税の納税を免除されます。

“消費税の免税事業者になる条件” の続きを読む