株式取引で源泉徴収ありの特別口座を使っていても、複数の口座を運用している場合は確定申告が必要

株式取引を行うためには証券会社で口座を開設する必要がありますが、源泉徴収ありの特別口座であれば、株式取引や配当金の受け取りで発生した利益に対して自動で源泉徴収を行ってくれます。

そのため、確定申告が不要になるというメリットがあります。しかし、源泉徴収ありの特別口座を使っている場合でも、複数の口座を運用している場合には確定申告が必要です。

“株式取引で源泉徴収ありの特別口座を使っていても、複数の口座を運用している場合は確定申告が必要” の続きを読む

株式取引で損失を出した場合は確定申告した方が税金が安くなる

株式取引を行えば大きな利益を上げられる可能性もありますが、一方で損失を出してしまうこともあります。

個人で株式取引を行う場合、1年間の損益を通算した結果が赤字となるのであれば、確定申告は不要です。

しかし、赤字であっても確定申告しておいた方が後で税金を安くできる可能性があります。

“株式取引で損失を出した場合は確定申告した方が税金が安くなる” の続きを読む

個人で株式投資を行うなら源泉徴収ありの特定口座が確定申告で楽

会社経営者が株式投資を行う場合、個人として行うか、会社として行うかの選択肢があります。税金に関して言えば、どちらも一長一短がありますが、会社の黒字が大きい場合は、個人として株式投資を行った方が最終的な税金の支払い額は少なくなる傾向にあります。

今回は、個人で株式投資を行った場合の確定申告について解説します。

“個人で株式投資を行うなら源泉徴収ありの特定口座が確定申告で楽” の続きを読む