仮想通貨の税金はどういう扱いになるのか?ー仮想通貨の取引等で税金が発生するケース

仮想通貨の取引で利益を出した場合、利益に対して税金が発生します。しかし、仮想通貨を購入しただけでは税金は発生しません。

また、取引以外でも、仮想通貨を譲渡されたときや、仮想通貨を使って何らかの物やサービスを購入ときにも、税金が発生する場合があります。

今回は、どのようなときに仮想通貨において税金が発生するのかについて解説します。

“仮想通貨の税金はどういう扱いになるのか?ー仮想通貨の取引等で税金が発生するケース” の続きを読む

企業版ふるさと納税で法人税などを節税

ふるさと納税は、生まれ故郷やお気に入りの自治体など、自分が選んだ地方自治体に寄付を行うことで、市民税などの税金の控除を受けられる制度です。

また、各地方の特産品などの返戻品を受け取ることができるため、そのまま自分の居住地域に市民税を納税するよりも、ふるさと納税を行った方が実質的にお得となります。

一部では返戻品の高額化競争が問題視されたほどふるさと納税は話題となりましたが、このふるさと納税制度は原則としてサラリーマンや個人事業主などの個人を対象としています。

そのため、法人は利用することができませんが、実は「企業版ふるさと納税」と言う法人向けのふるさと納税も始まっています。

“企業版ふるさと納税で法人税などを節税” の続きを読む

レバレッジドリースで法人税の節税を行う

レバレッジドリースとは、航空機や船舶、貨物コンテナなどの非常に高額な資産を複数の出資者が購入し、企業などに貸し出すことによって収益を上げるものです。

レバレッジドリースを行えば、リース料金によって利益を上げることができますが、さらに出資金を損金とすることで法人税の節税を行うこもとできます。

“レバレッジドリースで法人税の節税を行う” の続きを読む