連結納税制度を使って法人税の節税を行うときの注意点

親会社と100%子会社の関係にあるなら、連結納税制度を利用することで二社の損益を通算することができます。一方の会社が黒字でもう一方の会社が赤字の場合は、連結納税制度を利用することで法人税の節税を行うことができます。

しかし、連結納税制度の利用にあたっては注意点もあります。特に、場合によっては連結納税制度を利用することで却って税金の支払い額が増えてしまうというケースもありますので、申請には慎重な判断が必要です。

“連結納税制度を使って法人税の節税を行うときの注意点” の続きを読む

分社化することで逆に出ていくお金が増えてしまうケースに注意

会社が利益の出ている事業を複数持っている場合、分社化して事業を分けることで利益を分散化すれば、法人税や消費税の節税につながるケースが多々あります。

しかし、場合によっては分社化することで却って出ていくお金が増えてしまうことも。

“分社化することで逆に出ていくお金が増えてしまうケースに注意” の続きを読む

連結納税制度を利用して親会社と子会社の損益を通算する【法人税の節税】

分社化して利益を二社または複数の会社に分散させれば、軽減税率の適用範囲が広がるため、法人税の節税につながります。また、課税売上額を1000万円以下にすることができれば消費税の免税事業者になることもできます。他にも交際費の枠の実質的な増額や退職金の支給回数の増加など、さまざまな節税メリットがあります。

しかし、一方の会社が黒字の場合でもう一方の会社が赤字となるような場合には、分社化したことで逆に税金の支払い額が増えてしまうこともあります。このような場合には、連結納税制度を利用すれば会社間の損益を通算することができます。

“連結納税制度を利用して親会社と子会社の損益を通算する【法人税の節税】” の続きを読む

分社化すれば法人税と消費税を節税できる

分社化とは、会社を新しくつくり、旧い会社の事業の一部を委ねることを言います。会社の設立や維持には一定のコストがかかるため、わざわざ会社を新しくつくる意味がないと思われる方もいるかもしれません。

しかし、複数の会社を持てば、それぞれの会社に利益を分散することができます。利益を分散させられれば、法人税や消費税に関して様々な節税上のメリットが発生します。

“分社化すれば法人税と消費税を節税できる” の続きを読む