会社の利益が大きい場合には、子供や親族も家族従業員にしてさらに節税

会社である程度の利益が上がっている場合には、配偶者を役員や従業員にすることで所得税を節税することができます。

特に所得税は累進課税なので、経営者一人で高額な役員報酬を受け取るよりは、配偶者と二人で分散させて給料を受け取った方が、個々の課税額が少なくなるからです。

ところで、会社が数千万円を超える大きな利益を毎年上げている場合、経営者と配偶者の二人では十分に節税できないこともあります。そのような場合には、さらに子供や親族を家族従業員とすることで、税負担を軽減することが可能です。

“会社の利益が大きい場合には、子供や親族も家族従業員にしてさらに節税” の続きを読む

個人事業主が行うべき二つの節税の基本

個人事業主にとって節税は極めて重要です。もちろん、節税に夢中になるあまり本業が疎かになってはいけませんが、節税を全く考えていないと、本来残るはずだったお金も残らなくなります。

今回は、個人事業主が行うべき二つの節税の基本についてご紹介します。

“個人事業主が行うべき二つの節税の基本” の続きを読む

個人事業主の支払う税金と法人との違い

個人事業主の支払う税金は、法人と同じものもあれば、異なるものもあります。ただ、同じものと異なるものでは、異なるものの方が重要です。

個人事業主から法人成りするときに、税金の点で得か損かを判断するポイントとなるからです。

今回は個人事業主の支払う主な税金と、法人との違いを解説します。

“個人事業主の支払う税金と法人との違い” の続きを読む

個人事業主が所得税を節税する際の所得と経費に関するポイント

個人事業主の方は毎年2月から3月の終わりにかけて確定申告を行います。

当然、所得税や市民税、健康保険料の負担を軽くするために、さまざまな節税策を講じていると思います。

今回は、個人事業主の方が効果的に節税を行うために知っておきたい、所得と経費に関する基本的な考え方について解説します。

“個人事業主が所得税を節税する際の所得と経費に関するポイント” の続きを読む

個人事業主でも専従者控除を利用すれば家族への給料を経費にできる

一般的に、個人事業主の場合は家族に支払った給料を経費にすることはできません。

家族に支払った給料を経費にするには、法人化して家族を役員や従業員にする必要があります。

しかし、一定の条件を満たせば、家族を専従者にすることで専従者控除を利用することができます。専従者控除なら、個人事業主の方でも家族への給料を損金にすることが可能です。

“個人事業主でも専従者控除を利用すれば家族への給料を経費にできる” の続きを読む

配偶者を非常勤役員にするメリットとその条件

配偶者を役員にすれば、会社の利益を給料として二人に分配することで所得税・市民税の負担を下げ、経営者一人で給料を受けとる場合よりも手元に残るお金を増やすことができます。

また、退職金を支給することによって、配偶者に会社の資産を移転し、老後の生活の備えとしたり、社会保険に加入することで厚生年金を受け取れるようにすることも可能です。

役員にすると一見いいこと尽くめなのですが、場合によってはデメリットとなることもあります。それは、常勤役員になると社会保険に加入しなければいけないことです。

特に会社を立ち上げた場合などは利益が少なく、配偶者も社会保険に加入するのではなく、経営者の扶養に入った方がよいこともあります。非常勤役員なら、配偶者を役員としつつ、一定の条件を満たすことで社会保険に加入しなくても済みます。

“配偶者を非常勤役員にするメリットとその条件” の続きを読む

個人事業主が法人化するときにデメリットとなり得る点

個人事業主が法人成りした場合、さまざまな節税策が使えるようになるため、節税の幅が広がります。また、社会的な信用も高まるので、一般的には法人化のメリットは大きいと言えるでしょう。

ただし、十分な利益が出ていなかったり、しばらくは赤字が見込まれる状態で法人化してしまうと、却ってデメリットの方が多い場合もあります。

“個人事業主が法人化するときにデメリットとなり得る点” の続きを読む

安定して利益が上がっている企業では配偶者を役員にした方が節税できる

経営が軌道に乗り、安定して利益を上げられるようになった企業では、法人税の節税が問題となってきます。

配偶者のいる経営者であれば、配偶者を役員にしてしまえば、さまざまな節税メリットを享受することができます。

“安定して利益が上がっている企業では配偶者を役員にした方が節税できる” の続きを読む

起業したばかりでは配偶者を役員としない方が良い理由

起業をした方で配偶者がいる場合には、配偶者を役員としようと考えている方もいるかもしれません。

確かに、配偶者を役員にすれば、会社の利益を分散して給与支給することができるため、経営者一人だけで給与を受け取るよりも税金の負担が軽くなります。結果的には、家族の手元に残るお金の総額は多くなるでしょう。

ただし、起業をしたばかりの場合は、経営が安定するまでは配偶者を役員とはしない方がよい傾向にあります。その理由を説明します。

“起業したばかりでは配偶者を役員としない方が良い理由” の続きを読む

未払い金・未払い費用を損金に算入して法人税を節税する

損金にできるのは、原則として決算日までに支払った経費です。しかし、一定の条件を満たしていれば、まだ実際に支払いを行っていない経費であっても、未払い金・未払い費用として損金に算入することができます。

“未払い金・未払い費用を損金に算入して法人税を節税する” の続きを読む