減価償却の定額法と定率法の違いは?【法人税の節税】

減価償却には定額法と定率法という二種類の償却方法があります。

一部の減価償却資産では定額法しか利用できませんが、多くの場合はどちらかの償却方法を選択することができます。

定額法と定率法にはいずれも一長一短があるため、会社の損益状況によって使い分けることが大切です。

“減価償却の定額法と定率法の違いは?【法人税の節税】” の続きを読む

社員旅行の経費を福利厚生費として損金にする

社員旅行を行っている会社はまだまだ多いと思います。

社員旅行の経費は会社にとっては経費として損金にできますが、一定の条件を満たすかどうかで、福利厚生費となるか給料になるか異なります。

給料扱いとなった場合、会社にとって損金とできる点では同じですが、旅行に参加した役員・従業員の税負担が増えるため、せっかくの社員旅行を行ってもあまり喜ばれないかもしれません。

また、家族経営の会社などでは、経営者やその家族の税負担が増えるため、実質的に家族の手元に残るお金は少なくなってしまいます。

社員旅行を行う場合は、可能な限り旅費を福利厚生費として経費にできるように努めることをオススメします。

“社員旅行の経費を福利厚生費として損金にする” の続きを読む

レバレッジドリースで法人税の節税を行う

レバレッジドリースとは、航空機や船舶、貨物コンテナなどの非常に高額な資産を複数の出資者が購入し、企業などに貸し出すことによって収益を上げるものです。

レバレッジドリースを行えば、リース料金によって利益を上げることができますが、さらに出資金を損金とすることで法人税の節税を行うこもとできます。

“レバレッジドリースで法人税の節税を行う” の続きを読む

損金に算入できなかったよくある失敗ケース

法人税は、会社の利益である益金から、経費などの損金を差し引いた額に所定の税率をかけることで額が決まります。

従って、益金を抑え、損金を多くつくることが節税の基本になります。

とは言え、利益はなかなか抑えようとして抑えられるものではありません。そのため、節税策の多くは損金をつくるものとなっています。

今回は、損金に算入するつもりだったのに、手続き上のミスなどによって損金に算入できなかった失敗談のうち、よくあるケースについてご紹介します。

“損金に算入できなかったよくある失敗ケース” の続きを読む

不動産投資で法人税の節税を行うメリット

中古自動車を購入する節税方法は法人税節税の王道ですが、不動産投資も同様にメリットの大きな節税策です。

法人のお金で不動産を購入すれば、家賃収入で利益を生み出しつつ、管理費や税金などの経費、減価償却によって損金をつくることができます。

不動産投資による法人税節税のメリットをご紹介します。

“不動産投資で法人税の節税を行うメリット” の続きを読む

少額減価償却費の特例によって損金をつくる

会社のオフィスで使用するPCやデスクといった備品はもちろん経費となりますが、その多くは資産扱いとなって減価償却の対象となります。

つまり、法定耐用年数に従って、購入代金などの費用を毎年一定額ずつ経費として計上するため、購入した年度に一括で損金に算入することはできません。

しかし、中小企業では一定の条件を満たせば、「少額減価償却費の特例」を利用することで、購入代金を一括で損金にすることができます。

“少額減価償却費の特例によって損金をつくる” の続きを読む

繁忙期を会計年度の最初にもってきた方が良い理由

個人事業主では会計年度は1月1日から12月31日までの1年間に定められていますが、法人では1年を超えない期間であれば会計年度を自由に設定することができます。

大手企業などでは公的機関に合わせて3月を決算月にしたり、9月を決算月にすることが多いようです。

実は、会計年度の最初に繁忙期を持ってくるようにすれば、非常に大きな節税メリットが得られます。

“繁忙期を会計年度の最初にもってきた方が良い理由” の続きを読む

逆に損してしまう不動産投資のリスク!

不動産投資を上手に行えば、家賃収入によって利益を生み出せる上に、管理費や減価償却によって損金をつくり、法人税を節税することもできます。

資金力があったり、銀行からの信用が大きくたくさんのお金を借り入れられる企業にとっては、不動産投資は非常に魅力的な節税策となります。

一方、不動産投資ではやはり高額なお金を投入することになるため、場合によっては損失の方が大きくなってしまう可能性もあります。今回は、不動産投資にともなうリスクについて説明します。

“逆に損してしまう不動産投資のリスク!” の続きを読む

4年落ちの中古自動車を購入して節税を行う

会社のお金で中古の自動車を購入することは、節税上非常に有効と言われています。

「節税には4年落ちのベンツがよい」という話はよく聞きますよね。

実際、中古自動車の購入は有効な節税策ですが、それでもやり方を間違ってしまうとかえって損失となってしまう可能性もあります。

4年落ちの中古車が節税に良い理由

会社の経費で購入した自動車は、購入代金を損金に算入することができます。つまり、法人税の節税につながります。

ただし、購入代金を一度に損金にできるわけではなく、法定耐用年数に従って毎年決まった額を減価償却していきます。

新車の普通車では耐用年数は6年と定められているため、購入代金の全額を減価償却するためには6年かかることになります。

一方、3年10カ月落ち以上の中古車であれば、1年で全額を損金に算入することができます。そのため、節税効果は非常に大きいものとなります。

「4年落ちの中古ベンツが良い」と一般に言われているのは、こういう理由からです。

ただし、購入した月に全額を損金にできるわけではない点には注意が必要です。中古車の減価償却は、1カ月ごとに分けて行います。

つまり、会計年度の最後の月に中古車を購入してしまうと、1カ月分しか損金に算入できないことになります。

もちろん、残りの11カ月分は来期に損金にできますが、当月に大きな損金をつくりたいときには意味がなくなってしまいます。

中古車の購入代金によって節税を行いたいのであれば、決算月の初月に中古車を購入する必要があります。この点はよく誤解されていますので、注意してください。

中古車を節税に使うことのメリット

まず、自動車を業務で使う場合には、自動車は本来必要なものとなります。業務に必要なものを購入した上で、効果的に節税ができますので、節税のためだけにわざわざお金を支出する節税策よりも有利と言えます。

また、中古自動車は安いものから高いものまで、価格の幅が大きいというメリットもあります。資金や節税したい額によって価格の異なる自動車を選ぶことができます。

最後に、中古自動車を業務で何年か使用した後、経営者が安く買い取れるという点も利点です。これは節税も兼ねた会社から経営者個人への資産移転とも言えます。

中古車の購入時に、自分の気に入った車を選んでおけば、後で会社から安く買い取って個人利用することができます。家族経営の中小企業などでは、非常に効果が高い節税方法です。