社会保険料を節約する方法③ー経営者の役員報酬・賞与を調整する

社会保険料の負担は年収の30%程度にもなります。年収300万円の社員であれば年間90万円の負担。社会保険料は労使折半と言って、半分程度は会社が負担することになるため、この場合は年間45万円の負担が生じます。

もちろん、社会保険は現行の社会保険制度を維持するために必要ですし、社会保険加入者が将来的に受け取る年金額にも関わってきます。そのため、法人税と異なってとにかく節約すれば良いというものではありません。

しかし、会社のキャッシュフローを圧迫させる要因であることも間違いないので、適切に節約する方法は重要です。今回は、主に役員の社会保険料を節約する方法について解説します。

経営者の社会保険料負担を減らす方法

役員報酬や役員賞与を受け取っていれば、経営者もまた社会保険に加入する必要があります。

社会保険料は毎月4月から6月の給与額(3月から5月の場合もあり)を基準に決まるため、経営者の受け取る役員報酬が高額であればその分社会保険料の負担も重くなります。

とは言え、社会保険料の支払い額には上限額があるため、給与が一定額を超えてしまえばそれ以上社会保険料の支払額が増えることはありません。この点は、所得が大きくなればその分だけ支払いも増える所得税や市民税とは異なります。

このことは賞与の支給において社会保険料の負担を減らしたい場合に大切です。

役員賞与もまた役員給与と同じく、社会保険料の支払いに上限額があります。そのため、役員報酬の支払い額が大きいのであれば、年に1回まとめて支給してしまえば、年に2回支給する場合よりも社会保険料の支払い額を減らすことができます。

また、役員に支払う給与額が高額で、すでに社会保険料の支払額が上限に達している場合、役員賞与を支給するのではなく役員給与に上乗せして支払う方法もあります。そうすれば、役員賞与の支払いによる社会保険料の負担をなくすことができます。

ただし、この場合には所得税と市民税の負担が増えますので、賞与を支給しておいた方が手元に残るお金が多かったということにはならないように気を付けてください。

何よりも社会保険料の支払いは将来の年金受給額にも関係してくるため、過剰な節約はオススメできません。

また、経営者に支払う役員報酬や役員賞与の一部を退職金として積み立てる方法もあります。退職金には社会保険料の支払いは発生しませんので、退職金を利用した節約方法は有利です。また、退職金は所得税と市民税に関しても税制上優遇されています。

避けた方が良いグレーゾーンの社会保険料節約方法ー二つの事業所からの給与支給とする

会社にとって社会保険料の支払いは負担が大きく、できる事ならある程度の節約を行いたいと考える経営者も少なくないでしょう。実際、ちょっとした工夫で社会保険料を合法的に節約することは可能です。

しかし、社会保険料の節約方法の中には明確に違法なものや、限りなく黒に近いグレーなものもあります。そのような節約方法を利用すると、年金事務所の調査によって問題となり、未払保険料を請求されてしまうリスクもあります。

今回は避けた方が良い社会保険料の節約方法について解説します。

“避けた方が良いグレーゾーンの社会保険料節約方法ー二つの事業所からの給与支給とする” の続きを読む

社会保険料を不当に納めなかった場合は厳しいペナルティーが科せられる

社会保険料は収入の30%程度に相当します。会社は社員の社会保険料の半分程度を負担しなければいけないため、経営者にとって社会保険料の支払いは悩みの種です。

実際、中小企業にとってはキャッシュフローの悪化要因となることも少なくありません。

しかし、法人の場合は社会保険への加入は義務となっており、非常勤役員やパート・アルバイトを除き、全役員と社員が原則として加入しなければいけません。そのため、社会保険に加入しなかったり、不当に支払い額を少なくしていた場合、調査などで発覚すると厳しいペナルティーが科せられます。

“社会保険料を不当に納めなかった場合は厳しいペナルティーが科せられる” の続きを読む

経営者なら社会保険料の節約も考えるべき

会社経営者の中には法人税の節税には熱心でも、社会保険料についてはさほど気にしていない方もいます。

しかし、社会保険料の負担は会社にとっても個人にとっても大きく、実際、社会保険料の支払いが経営を圧迫するケースは少なくありません。

節税と言えば何といっても法人税の節税が思い浮かびますが、社会保険料についても節約できるところは節約することが大切です。

“経営者なら社会保険料の節約も考えるべき” の続きを読む

経営者の住宅を会社が買い取ることで法人税を節税する

経営者やその家族が住む住宅を、会社名義で契約したり購入したりして社宅とすれば、発生するさまざまな経費を会社の損金とできるため、法人税の節税につながります。

一方、すでに経営者が個人名義で購入した住宅に関しては、書類上の名義変更だけでは会社の所有にすることはできません。その場合には、会社が経営者の住宅を買い取る事で社宅とすることができます。

“経営者の住宅を会社が買い取ることで法人税を節税する” の続きを読む

株式取引で源泉徴収ありの特別口座を使っていても、複数の口座を運用している場合は確定申告が必要

株式取引を行うためには証券会社で口座を開設する必要がありますが、源泉徴収ありの特別口座であれば、株式取引や配当金の受け取りで発生した利益に対して自動で源泉徴収を行ってくれます。

そのため、確定申告が不要になるというメリットがあります。しかし、源泉徴収ありの特別口座を使っている場合でも、複数の口座を運用している場合には確定申告が必要です。

“株式取引で源泉徴収ありの特別口座を使っていても、複数の口座を運用している場合は確定申告が必要” の続きを読む

社会保険料を節約する方法①ー入社時期を調整する

社会保険料は会社経営社にとって非常に大きな負担となっています。これから少子高齢化がますます加速するため、負担は重くなれど、軽くなることはないでしょう。

もちろん、社会保険料の支払いは将来的に貰える年金額などに関わってくるため、むやみやたらに節約すればよいというものではありません。この点は法人税とは異なります。

しかし、適切に社会保険料を削減することは、保険料の支払いによって経営を圧迫しないために重要です。今回は社会保険料を節約する基本的な方法をご紹介します。

“社会保険料を節約する方法①ー入社時期を調整する” の続きを読む

株式取引で損失を出した場合は確定申告した方が税金が安くなる

株式取引を行えば大きな利益を上げられる可能性もありますが、一方で損失を出してしまうこともあります。

個人で株式取引を行う場合、1年間の損益を通算した結果が赤字となるのであれば、確定申告は不要です。

しかし、赤字であっても確定申告しておいた方が後で税金を安くできる可能性があります。

“株式取引で損失を出した場合は確定申告した方が税金が安くなる” の続きを読む