海外で所得がある場合は外国税額控除を利用して法人税を節税する

日本は居住地国課税をしています。これは、日本に居住している場合は、国内国外に問わず所得を申告し、所得税を支払わなければいけないことを意味します。

日本だけで利益を上げているのであれば問題ありませんが、海外でも利益を上げている場合、その分も日本で所得税を支払わなければいけません。

一方、海外の多くの国では、その国で上げた利益に対して所得税を課税されます。

つまり、日本と海外の両方で二重に課税されてしまうわけです。これではあまりにも税負担が大きいため、日本では外国で納めた税額に関して、一定額まで控除を受けることができます。

これが外国税額控除制度です。

“海外で所得がある場合は外国税額控除を利用して法人税を節税する” の続きを読む

過剰に高額な役員報酬は会社と経営者個人のお金を減らす

家族経営の小さな企業では、会社の上げた利益はほぼ経営者やその家族のものという場合も少なくないと思います。

会社の利益がそこまで大きくなければ問題ありませんが、数千万円以上の利益がある場合、利益のほとんどを経営者に役員報酬として支払うのは避けた方が良いかもしれません。

“過剰に高額な役員報酬は会社と経営者個人のお金を減らす” の続きを読む

個人契約の住居を会社名義に変更することの節税メリット

会社名義で経営者の住む賃貸物件を契約すれば、家賃の5割から8割を経費として計上することができます。

その分、会社は損金をつくることができるので、法人税の節税を行うことができます。

また、経営者の役員報酬から会社が負担する家賃分を減らせば、経営者の役員報酬を引き下げ、所得税や市民税の負担を減らすことができます。

住居の家賃は生活を営む上で必ず発生するものですので、社宅とすることで会社と経営者双方の節税を行うことができれば、非常に有利です。節税のためにあまり必要ではない支出を行うのとは異なるからです。

ところで、家賃の5割から8割を経費にするためには社宅であること、つまり「会社名義で契約」していることが大前提となります。

個人事業主の場合も家賃の一部を経費とすることはできますが、一般的には社宅と比べて経費にできる割合が少なくなります。そのため、個人名義で契約した賃貸物件は、法人契約に切り替えると良いでしょう。

“個人契約の住居を会社名義に変更することの節税メリット” の続きを読む

社宅を借り上げて法人税を節税する

会社の経費で社宅を借り上げ、役員や社員に提供すればその分の経費を損金にすることができます。

しかし、会社が家賃を全額負担してしまうと、家賃が社宅に住む役員や社員の給料と見なされてしまい、節税メリットが少なくなってしまいます。

そのため、家賃のうち「一定額」を社員から徴収する必要があります。

“社宅を借り上げて法人税を節税する” の続きを読む

売れ残り在庫(デッドストック)を廃棄処分して損金をつくる

売れずに残っている在庫は、そのままでは棚卸資産として計上しなければいけません。

しかし、評価損を計上する、廃棄処分する、あるいは割引販売するなどの方法によって損金をつくることができます。

今回は廃棄処分する方法について説明します。

“売れ残り在庫(デッドストック)を廃棄処分して損金をつくる” の続きを読む

交際費を損金に算入して法人税の節税を行う【中小企業の節税】

得意先の接待など、企業経営を行っていればさまざまな交際が生じます。その時に発生する経費は交際費と言われますが、一定の条件を満たせば損金に算入することができます。

ただし、交際費は租税逃れのために利用されやすいため、損金算入の条件は厳しくなっています。しかし、可能な限り損金として処理することができれば、法人税の節税につながります。

“交際費を損金に算入して法人税の節税を行う【中小企業の節税】” の続きを読む

売上割戻しを損金とすることで法人税を節税する

売上割戻しとは、商品を大量に購入した顧客や、支払いをすぐに行った顧客に対して、購入金額に対して一定額を支払うことです。

カタカナではリベートと言います。

この売上割戻しは損金に算入することができるため、上手に活用すれば法人税を節税することができます。もちろん、損金算入のためには一定の条件を満たす必要があります。

“売上割戻しを損金とすることで法人税を節税する” の続きを読む